原因

EDの人は頭皮にも血液をたくさん送ることができません

EDの人は、血液が海綿体に十分に送られないので勃起することや、勃起を維持することができません。

海綿体の血液不足の原因の一つに、動脈硬化があります。これは血液中のコレステロールや中性脂肪が増えすぎることで、血栓となり血流が悪くなった状態です。野菜を食べない肉中心の食生活だと、動物性脂質を過剰に摂取するため動脈硬化を引き起こしやすいです。動脈硬化になっている人は、海綿体だけでなく頭皮にも血液をたくさん送ることができません。

よって酸素や栄養素が十分に届けられずに、頭皮と髪の毛が健康を保つことが難しくなります。髪の毛はタンパク質でできているので、栄養が足りないと細く抜けやすくなります。脂質を過剰摂取すると、一部は脂肪として蓄えられて残りは汗や皮脂と共に毛穴から排出されます。頭皮から余った脂質がたくさん出ると、毛穴に詰まって炎症を起こすので頭皮トラブルも頻繁に起こります。

つまりEDになる人は食生活が乱れていることが多いので、髪の毛や頭皮が不健康になりやすく、薄毛になりやすいです。またEDは精神的なストレスが原因で発症することがあります。

ストレスのない生活を送るのは難しいですが、ストレスを溜め込むと交感神経が活性化しすぎて、血管が収縮します。すると動脈硬化が起きた時と同じように、勃起が困難になったり頭皮と髪の毛が栄養不足に陥ったりします。これらは全て専門の病院に行けば改善できる薬を処方してもらえます。ストレスが原因であれば、それを取り除く努力をします。

薬を使った治療で注意するのは、薄毛の治療でEDになることです。全員に共通することではありませんが、薄毛の治療薬には男性ホルモンを抑制する作用があります。これは男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼと結合し、ジヒドロテストステロンになると抜け毛が増えるためです。そこで治療では血行を促進するだけでなく、男性ホルモンの分泌を減らすのが一般的です。

しかし男性は正常な勃起をするには男性ホルモンがある程度分泌されていることが重要です。男性ホルモンは多いほど性的欲求を駆り立てるので、勃起をサポートしてくれます。薄毛治療によって男性ホルモンが減ってしまうと、性欲減退を招いてしまい勃起がスムーズにできない人もわずかにいます。EDも薄毛も男性にとってはデリケートな問題ですが、深く関係しているので同時に治療を進めるのが良いので、医師に相談します。

若い世代の女性の薄毛が年々増加している原因

私は30代前半ですが、薄毛でとても悩んでいます。もともと、毛の量は少ない方ですが、30代に入ってから急激に抜け毛が植えてきました。色々調べていると「若年性脱毛症」ではないかと思っています。

今20代~30代の若い世代で薄毛が年々増加しているというのです。たしかに電車など自分も気になるせいか人の頭を見る癖がつきましたが、薄毛の人は結構います。「若年性脱毛症」とは、ヘアサイクルの異常で若くして髪の毛が薄くなってきてしまう病気だそうです。原因は様々あるようですが、一つ目は、「無理なダイエット」です。

今は芸能人の間でもSNSで自身のプロポーションを投稿したりといかに細いかが美しいとされている時代でもあります。それが正しいかどうかは分かりませんが、そのために身体に負担がかかる食事制限や断食など行うことによって、本来髪に必要なたんぱく質などの栄養分が頭皮や髪に行き届きません。そのことによってホルモンバランスが崩れ薄毛の原因になると言われています。

そして二つ目の原因は、「ストレス」です。若い女性にとどまらず老若男女様々なことに皆日々戦っています。とくにストレスの原因とされる90%以上が人間関係と言われている中、若い女性にとって職場でのストレスは大きなものになります。

ストレスによって自律神経が乱れ、身体の血の巡りが悪化します。そのことにより髪に必要な「亜鉛」を外に多く消費してしまうので、髪の成長を妨げまた白髪にもなりやすくなります。最後は「カラーやパーマ、スタイリング剤のダメージ」です。これも先ほどと同様で、芸能人のあこがれから様々な髪型に頻繁に変える人が増えたように思います。

そのことによって、頭皮や髪を傷つけ大きな負担がかかり次第に髪が細くなり抜けてしまうといった原因があります。これらの原因から薄毛の対策としては、まず、シャンプーは弱酸性のものを選び優しくマッサージしながら洗い流すことが大切です。ここで大事なのは、スタイリング剤の洗い残しがないように丁寧に洗う事です。

また血行が悪くなると頭皮まで行き届かずに髪が育たなくなります。女性は特に冷えやすいので、常日頃から身体を温めることが大切になるでしょう。最後に適度な運動と栄養ある食生活を中心にこれ以上薄毛にならないように向き合っていきたいです。

女性の抜け毛が多くなってきている5つの理由

男性も抜け毛が多くて悩んでいる人がたくさんいますね。インターネットなんかでもよく育毛剤等の販売をしているのを見かけます。

それだけ男性の抜け毛、脱毛は頭皮が見えたりして症状があらわれやすいので悩み苦しむ方や治療する人もたくさんいます。しかし近年では女性の抜け毛も多くなってきていることを知っていますか?

女性は男性と違って髪の毛が抜けてしまう脱毛と違って髪の毛の1本の質が太い物から薄い物になって頭皮が見えるようになるためなかなか症状があらわれにくいのが特徴です。女性の薄毛や脱毛の原因は大きく分けて5つあります。

まず1つ目は出産してからホルモンバランスが乱れることです。しかしこれは一時的であってほとんどの人が出産後時間が経過すると治ると言われています。2つ目は老化です。女性にとって老化は嫌なものですね。

しかし年齢が上がると自然と女性ホルモンが減ってしまい薄毛になりやすくなります。

3つ目は生活が不規則の人です。髪にとって良い睡眠や食事バランスがうまくとれないと薄毛が進みやすくなります。

4つ目は頭皮が傷んでいることです。しょっちゅう髪を染めたりパーマをかけたりしているとダメージが大きくなります。また髪の洗いすぎ等間違ったやり方で髪を洗うと頭皮を傷つける恐れがあります。

5つ目はストレスです。ストレスは髪にうまく栄養を運んでくれなくなります。当てはまる物があったら気をつけなければいけません。そこで対策方法を紹介します。まずは規則正しい生活、十分な睡眠をとることです。

私達はおきている間は色々な場所に血行が行っているため、髪には栄養が届きにくいです。そのため寝ている時に髪の毛に栄養が行き届くようになります。十分な睡眠と栄養が行き届くようにバランスの良い食事を摂るようにしましょう。

またストレスを溜めてもいけません。ストレスは血行を悪くするので髪に栄養が届きにくいです。ストレスを溜めないように穏やかな生活を送るように心がけましょう。