対策

育毛剤の効果をしっかりと感じることができる方法

育毛剤を使っていてもなかなか効果がない。
というような声を良く育毛剤を使っているような方から聞くことがあります。

実際に困っている方も多いと思いますが、実は育毛剤が悪いのではなくてその他の面で効果が出にくいようなことがあります。

どんなことをすると育毛剤の効果をしっかりと感じることができるのでしょうか?

生活習慣をまずは見直そう

育毛剤の効果をしっかりと一番見直すべき点は生活習慣です。
生活習慣が悪ければ、育毛環境を良くすることはできないのであります。

具体的には、運動を定期的にすることで血行を良くして頭皮に栄養をしっかりと送れるようにしたり、汗も毛穴に詰まりにくいものを出せるようにしましょう。

食事面ではなるべく脂分を多く含んでいないものを食べることによって、毛穴に詰まらないような皮脂を出さないようにすることを心がけます。

毛穴のつまりは、育毛剤の妨げになりやすいので特に重要な面となります。
睡眠もじっくりととって疲れやストレスをためないようにすることも育毛剤の効果を上げるようにすることに最適です。

シャンプーのやり方や選び方はしっかりとできているのか?

シャンプーの使い方についてもしっかりできていなければ育毛剤の効果を上げることはできないのであります。
シャンプーに関しては、市販のものだとかえって汚れが落ちすぎてしまって汚れが落ちすぎてしまって必要な皮脂までなくなってしまうようなことがあります。
シャンプーはできれば育毛剤の効果を補助してくれるものを選ぶといいでしょう。育毛剤とセットで売られているようなケースもありますので、
それを使えばまず間違いないです。
また、洗い方も爪を立てたり、激しく洗ったりすると汚れが落ちすぎたり、皮膚を傷つけるようなことがあったりします。
ですので、できる限り肌を傷つけないように指で頭皮をもむように洗うようにして、肌を大事にしてください。
後は洗うときには、洗剤が残らないようにゆっくりシャワーを頭に当てて落とすようにします。1~2分ほどかけてじっくりとやってください。

プロペシアとフィナステリドの違いとは?どっちが良い?

製品名と成分の違いになります。

プロペシアの主成分はフィナステリドになっていますので、効果を求めるなら同じということになるでしょう。フィナステリドはもともと前立腺肥大の治療薬として使われていました。患者さんの副作用に頭髪が濃くなることで、薄毛の治療薬として開発された経緯があります。男性ホルモンが原因で薄毛になるのがAGAですが、その仕組みを理解しておきましょう。男性ホルモンのテストステロンが酵素と結びついて薄毛を促進させる男性ホルモンが産生されます。それがジヒドロテストステロンです。これが薄毛を引き起こしますが、フィナステリドが男性ホルモンが作られるきっかけとなる酵素と結びつくのを阻害する役割があります。

この作用で薄毛の症状を緩和させることが可能です。原因を取り除くことが治療になりますので、AGAにとって有効的な改善方法であり、ほとんどの薄毛に悩む男性は服用している医薬品です。主な製品としてプロペシアがあり、知名度が高いです。ただクリニックでしか処方を受けることができません。また保険適用外の医薬品になっていることから、高い医療費が掛かりそれがネックになっている人が多いです。

その対処法として、個人輸入でプロペシアと同じのジェネリック医薬品を購入している人も増えています。プロペシアと同じ成分になり、効果も一緒ですが、個人輸入でありインドの製薬会社がつくっている医薬品を服用することになりますので、普段から日本の安全な製品を口にしている人からすれば抵抗感がある人もいるでしょう。医療費と兼ねあって、自分に最適な治療方法を探すことをおすすめします。

多くの人が服用する方法でフィナステリド錠を用いていますが、新しい薄毛の治療方法も確立されています。それが頭皮に直接注射をする方法です。服用するよりも直接頭皮に運ぶことで効果を高める手法になります。プロペシアは確かにAGA治療薬になりますが、頭髪の本数を期待するものではなく、あくまでも抜け毛を防止し、健やかに頭髪を成長させる役割があります。発毛を求めるのであれば、ミノキシジルを用いる必要があり、一緒に使うと薄毛改善率も高くなる傾向があります。薄毛自体に個人差があり、すべてこの方法で対処できるわけではなく、それぞれの事情にあった医薬品を用いることが大切です。継続性が求められる治療ですので、自分に適した方法で薄毛改善に励むようにしてください。

毛根が死滅しても植毛手術で髪を生やすことができる

皮脂の過剰分泌や極端な乾燥によって頭皮環境が乱れ、薄毛が生じることがあります。

この様なものは生活習慣を見直したり、セルフケアを行うことで解決することができます。また個人ではどうにもできないような状況であっても、専門家による治療を受けることで比較的短期間で改善を見ることができます。

それとは対照的に治療に時間がかかってしまうのがAGAと呼ばれる男性型脱毛症です。この脱毛症にはジヒドロテストステロンという成分が関係しており、専門家による治療を受けなければ改善できません。

また治療が遅れると手遅れとなることもあり、髪の毛が生えてこなくなります。

しかし現在ではそのように毛根が完全に死滅してしまった箇所からでも髪の毛を生やすことができます。それは植毛手術によって可能となりました。植毛と聞くと人工の髪の毛を頭皮に植えつけることをイメージされる人は少なくないはずです。しかし今の技術では毛根を失った箇所から髪の毛が生えてくる手術を行うことができるのです。

それは生きている毛根を脱毛箇所に移植するというものです。

毛根は非常に小さなものですので、それを一つずつ移植することはできません。そのため自分の頭皮から元気な毛根が存在する頭皮の一部を切除し、それを脱毛箇所に移植するのです。多くの場合、後頭部周辺から移植用の頭皮が切除されます。なぜなら後頭部周辺の頭皮はジヒドロテストステロンの影響を受けにくいからです。

せっかく毛根を移植しても、それが再びジヒドロテストステロンによって死滅してしまえば意味がありません。こうした状況を考慮し、後頭部周辺の皮膚を移植します。

移植された頭皮から生えてくる髪の毛は当然のことながら人工毛ではなく、地毛です。そのため様々なヘアスタイルを楽しむことができます。また移植する皮膚は他人からのものではなく、自分の体の一部ですので拒否反応がないというメリットも有しています。

しかし移植した皮膚が完全に定着する確立は100%ではなく、まれに発毛が見られないこともありますので、この点もきちんと明記しておくべきです。

こんにゃくシャンプーで毛穴の皮脂をとりのぞく

抜け毛を防いで薄毛を改善しようという時にはいろいろとできる事がありますが、その一つにはシャンプーを変える事があります。ここではちょっと聞き慣れないこんにゃくシャンプーについて解説します。

脱毛の原因

脱毛の原因には男性ホルモンが関係するものから、新陳代謝が低下して頭皮が突っ張り血流障害を起こしているものまでいろいろな可能性が考えられます。

いずれのケースも頭皮に埋まっている毛根の細胞や毛母細胞の働きが落ちてきて脱毛が起こるとされています。毛母細胞というのは毛細血管で運ばれた栄養から髪をつくる言うなれば髪の母です。毛母細胞の分裂、増殖が滞ると、毛が生えて伸びていく過程もストップしてしまいます。

では働きが落ちてしまった毛母細胞を再び復活させるためには何が必要なのでしょうか。それは主には3つです。1つ清潔にする、1つ新陳代謝の活性、1つ栄養です。

毎日髪を洗えば髪の表面の汚れは洗い落とす事はできます。しかし、毛穴の中に詰まった皮脂は十分に取り除くことが出来ない事が多いのです。そこでお勧めするのがこんにゃくシャンプーです。

こんにゃくシャンプーで薄毛改善

昔からこんにゃくというのは食べると腸の掃除に良い事が知られています。

こんにゃくに含まれている全長400ミクロンほどのマンナンという天然のスクラブが、腸内の老廃物に吸着して便として体外に排出されるからです。頭皮に関しても同様にシャンプーにこんにゃくを配合した場合には、マンナンのスクラブが毛穴にたまった皮脂をどんどん吸着し、毛穴を清潔にします。

しかもこのスクラブは柔らかい繊維で覆われているので、毛穴を傷つけてしまうような事はありません。毛穴が綺麗になるだけではなくてスクラブのマッサージ効果で頭皮の新陳代謝も活性化していきます。

すると血流も改善されて毛母細胞が十分な栄養を吸収できるようになります。毛母細胞が活性化する事で毛が生えてくる可能性もあります。今使っているシャンプーでは不満がある人はこんにゃくシャンプーを検討してみてはいかがでしょうか?薄毛の改善の助けになるかもしれませんよ。