プロペシアとフィナステリドの違いとは?どっちが良い?

製品名と成分の違いになります。

プロペシアの主成分はフィナステリドになっていますので、効果を求めるなら同じということになるでしょう。フィナステリドはもともと前立腺肥大の治療薬として使われていました。患者さんの副作用に頭髪が濃くなることで、薄毛の治療薬として開発された経緯があります。男性ホルモンが原因で薄毛になるのがAGAですが、その仕組みを理解しておきましょう。男性ホルモンのテストステロンが酵素と結びついて薄毛を促進させる男性ホルモンが産生されます。それがジヒドロテストステロンです。これが薄毛を引き起こしますが、フィナステリドが男性ホルモンが作られるきっかけとなる酵素と結びつくのを阻害する役割があります。

この作用で薄毛の症状を緩和させることが可能です。原因を取り除くことが治療になりますので、AGAにとって有効的な改善方法であり、ほとんどの薄毛に悩む男性は服用している医薬品です。主な製品としてプロペシアがあり、知名度が高いです。ただクリニックでしか処方を受けることができません。また保険適用外の医薬品になっていることから、高い医療費が掛かりそれがネックになっている人が多いです。

その対処法として、個人輸入でプロペシアと同じのジェネリック医薬品を購入している人も増えています。プロペシアと同じ成分になり、効果も一緒ですが、個人輸入でありインドの製薬会社がつくっている医薬品を服用することになりますので、普段から日本の安全な製品を口にしている人からすれば抵抗感がある人もいるでしょう。医療費と兼ねあって、自分に最適な治療方法を探すことをおすすめします。

多くの人が服用する方法でフィナステリド錠を用いていますが、新しい薄毛の治療方法も確立されています。それが頭皮に直接注射をする方法です。服用するよりも直接頭皮に運ぶことで効果を高める手法になります。プロペシアは確かにAGA治療薬になりますが、頭髪の本数を期待するものではなく、あくまでも抜け毛を防止し、健やかに頭髪を成長させる役割があります。発毛を求めるのであれば、ミノキシジルを用いる必要があり、一緒に使うと薄毛改善率も高くなる傾向があります。薄毛自体に個人差があり、すべてこの方法で対処できるわけではなく、それぞれの事情にあった医薬品を用いることが大切です。継続性が求められる治療ですので、自分に適した方法で薄毛改善に励むようにしてください。

SNSでもご購読できます。