毛根が死滅しても植毛手術で髪を生やすことができる

皮脂の過剰分泌や極端な乾燥によって頭皮環境が乱れ、薄毛が生じることがあります。

この様なものは生活習慣を見直したり、セルフケアを行うことで解決することができます。また個人ではどうにもできないような状況であっても、専門家による治療を受けることで比較的短期間で改善を見ることができます。

それとは対照的に治療に時間がかかってしまうのがAGAと呼ばれる男性型脱毛症です。この脱毛症にはジヒドロテストステロンという成分が関係しており、専門家による治療を受けなければ改善できません。

また治療が遅れると手遅れとなることもあり、髪の毛が生えてこなくなります。

しかし現在ではそのように毛根が完全に死滅してしまった箇所からでも髪の毛を生やすことができます。それは植毛手術によって可能となりました。植毛と聞くと人工の髪の毛を頭皮に植えつけることをイメージされる人は少なくないはずです。しかし今の技術では毛根を失った箇所から髪の毛が生えてくる手術を行うことができるのです。

それは生きている毛根を脱毛箇所に移植するというものです。

毛根は非常に小さなものですので、それを一つずつ移植することはできません。そのため自分の頭皮から元気な毛根が存在する頭皮の一部を切除し、それを脱毛箇所に移植するのです。多くの場合、後頭部周辺から移植用の頭皮が切除されます。なぜなら後頭部周辺の頭皮はジヒドロテストステロンの影響を受けにくいからです。

せっかく毛根を移植しても、それが再びジヒドロテストステロンによって死滅してしまえば意味がありません。こうした状況を考慮し、後頭部周辺の皮膚を移植します。

移植された頭皮から生えてくる髪の毛は当然のことながら人工毛ではなく、地毛です。そのため様々なヘアスタイルを楽しむことができます。また移植する皮膚は他人からのものではなく、自分の体の一部ですので拒否反応がないというメリットも有しています。

しかし移植した皮膚が完全に定着する確立は100%ではなく、まれに発毛が見られないこともありますので、この点もきちんと明記しておくべきです。

SNSでもご購読できます。