男性とは違う!?女性が薄毛になる原因&対策とは?

男性は多くの場合が「男性ホルモン」の影響で薄毛になります。

男性の薄毛の特徴はおでこから禿げあがるタイプで女性と比較したら早い年齢の内に薄毛の現象が起こるのです。これは男性ホルモンの分泌の影響が強く、薄毛対策ではこの男性ホルモンの分泌を抑えることが大事になってきます。しかし女性は元々男性ホルモンがそれほど強くありませんので、この影響を受けづらいのです。では女性の薄毛というのはどのような原因から起こるのでしょうか?

女性の薄毛は主に「女性ホルモンの減少」により起こります。女性ホルモンは若い頃は多いですが、加齢とともに減っていく傾向があるのです。この女性ホルモンの減少により薄毛が徐々に起こっていきます。女性ホルモンというのは40代以降でガクッと減るのですが、この影響により40代になったあたりからの薄毛がよく見られるのです。ですからこの女性ホルモンの分泌を増やすことが適切な薄毛の対策になります。

ただ中には20代・30代の内に薄毛に悩む女性もいますよね?これは生活習慣の悪さが影響で起こります。食生活や生活習慣が乱れていたり、過激なダイエットをやりすぎてしまったり、出産時にホルモンバランスが乱れたりすると髪が抜けて薄毛になることがあるのです。若い内から薄毛で悩んでいる方は自分の普段の生活を見直しましょう。

出産が影響する薄毛現象はホルモンバランスの乱れが収まると治ります。しかし生活習慣の悪さやダイエットによる薄毛はその原因を改善しない限り治りません。ですから薄毛を今すぐどうにかしたいなら、このような薄毛を招く原因を改善しましょう。それが一番効果的に薄毛を食い止める手段です。

男性の薄毛は遺伝的なものであり、女性の薄毛は複合的なものだと言われています。女性の薄毛はさまざまな薄毛の原因的な行動が重なって起こることが多いのです。その分改善する手立てはいろいろとありますので、ぜひとも薄毛の原因に心当たりがある人はその原因を直しましょう。それこそが一番の薄毛対策ですよ。

SNSでもご購読できます。